nanacoカードで個人事業主の節税になるの? 国税庁の見解付き解説

   

個人で事業をしている方や、サラリーマンで損益通算を利用して事業している場合、nanacoナナコへのクレジットカードチャージを使って税金を払った場合、還元されたポイント分の個人的な利用について説明します。

せっかくポイント還元で戻ってきた分を、会社や事業で使うものを買うときは、貯まったポイントで買わない方がいいと考える方が多いのではないでしょうか。

ポイントで買ってしまうと、会社や事業で買う物に関しては、経費で落とせるので次回の確定申告の税金を減らす事になりません。

ポイントで買うのは手元のお金を使わなくていいのですが、戻ってきたポイント分は税金の一部という解釈もできますよね。

nanacoナナコのクレジットカードチャージで税金を支払った分の還元されたポイントは、税制上どう扱われるのか、ご存知でしょうか。

じつは、国税庁のホームページに載っている文言を紹介しますと、

「事業所得等の業務に関して資産等を購入した際に獲得したポイントについては、その業務の付随収入に該当し、事業所得等となる。」

と書いてあります。

国税庁のホームページの真ん中の下あたりにあります、

「2研究の概要」 の 「(7)所得区分」の中にある「イ 事業所得等となる場合」に記入されてあります。

こちらが、国税庁のホームページ

https://www.nta.go.jp/ntc/kenkyu/ronsou/78/04/index.htm

これは、つまり税務署や税理士に聞くまでもなく、事業による所得になるとのことです。

還元されたポイントで買うのは、経費で落とせないものを使いたいですけど、これは注意が必要ですよね。

ということは、どういう事でしょうか。

事業や会社で払った税金の還元ポイントの分は事業の所得として考える必要があります。

でも個人的利用でnanacoナナコクレジットチャージした分は、個人的な利用ができますね。

クレジットカードを分けて管理すると楽でしょうけどね。

そこまで厳密に、税務署は調べないと思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、ルールはルールです。

しっかり守って、nanacoナナコでのクレジットカードチャージを利用しましょう。

nanacoカードにクレジットカードでチャージをして税金を払って得した方法のまとめ




 - nanaco基本編