nanacoナナコのクレジットカードチャージ 還元率ランキング

      2018/09/08

nanacoのクレジットカードチャージに有利なクレジットカードとして、ランキングを作成しました。

条件はズバリ、ポイント還元率です。

還元率の同じクレジットカードでも順位が違うものに関しては、最後に説明させてもらいますね。

チャージ出来るカードはいろいろあるのですが、還元率が0%のものは、ランキング対象外としました。

また、以前に高い還元率が可能だったもので、改悪により2016年3月以降新規作成が出来ないリクルートカードプラスも対象外にしました。

それでは、ご覧ください。

順位 カード会社名 年会費 nanacoナナコチャージ

クレジットカードポイント還元率

1位 リクルートVISA 無料 1.2%
2位 リクルートJCB 無料 1.2%
3位 Yahoo!JapanカードJCB 無料 1%
4位 楽天JCB 無料 1%
5位 楽天プレミアカード 10,000円 1%
6位 P-one Wizカード 無料 0.5% ※1
7位 JMBローソンPontaカードVisa 無料 0.5%
7位 ファミマTカードJCB ※2 無料 0.5%
9位 TSUTAYA TカードプラスJCB 初年度無料 ※3 0.5%
9位 セブンカードプラスJCB・VISA 初年度無料 ※4 0.5%
9位 MUFGカード ゴールドJCB 初年度無料 ※5 0.5%
12位 ライフカードJCB 無料 0.25% ※6
12位 漢方スタイルクラブカード 初年度無料 ※7 0.25% ※8

※1  還元率は0.5%だが、カード代金請求時に利用代金に対して1%の値引きがあるので、トータル1.5%の還元率なる。しかし「nanacoは対象外」とのことで発表しており例外的に2016年7月20日現在電話調査した時点は対象としている。予告なしに変更する可能性があるとのこと。

※2 リボルビングでしか申込みができないので後で翌月一括払いへ変更する必要あります。

※3 2016年5月以降申込みは無料。2016年4月以前に申し込んだ会員は初年度無料、前年度にカードの利用があれば次年度無料、利用がない場合、次年度500円

※4 初年度無料、次年度年5万円以上利用で無料

※5 初年度無料、次年度年会費1,905円

※6 誕生月はポイント還元率2.5%だったが改悪され2014年12月4日より誕生月も関係なくnanacoナナコチャージのポイント還元率は0.25%となった。 2016年8月21日に調査した結果nanacoナナコクレジットチャージでのサンクスポイント付与は、1,000円につき0.5ポイント、「お誕生月ポイント」「ステージポイント」「新規入会キャンペーンポイント」のボーナスポイント付与対象外となった。よって、ポイント還元率は0.05%になった。

※7 初年度無料、次年度年会費1,500円

※8 2015年6月に改悪がありnanacoナナコクレジットチャージのポイント還元率が1.75%から0.25%になった。

1位のリクルートVISAと2位のリクルートJCBの差なのですが、VISAは、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAもチャージでポイントが貯まるので、順位に差をつけました。

3位のYahoo! JAPANカードと4位の楽天JCBのカードの差を説明しますね。YahooJapanカードはTポイントが付き、楽天は楽天ポイントと、Tポイントの「使い勝手の良さ」から順位をかえました。また最近のYahoo!ショッピングも楽天よりもポイント還元率が高いですから、その部分も考慮しています。

P-One wizカードに関しても、いつポイントが還元されなくなってもおかしくない状態ですので、最もトータル還元率がいいのですが、6位としました。「予告なく変更する場合がある」とのコールセンターの返答があり、つくはずのポイントが付かなくなっても文句が言えないような事を言ってましたので・・・
nanacoカードにクレジットカードでチャージをして税金を払って得した方法のまとめ




 - nanacoで税金が払えるの?